条件に合っていたらAそうじゃなければBのように1つの条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けたいときに使うのが IF関数. If条件式値1値2 条件式が満たされている場合真の場合は値1を表示し満たされていない場合偽の場合は値2を表示する 補足 if 関数は最大 7 つまで組み合わせることができますそれを超える場合には他の関数を使って処理します. Excel 期限が迫ってきたらエクセルが教えてくれる 重要な仕事を絶対に忘れたくない人のためのtodoリスト活用テク いまさら聞けないexcelの使い方講座 窓の杜 ビジネス管理 Excel 使い方 パソコン 仕事 でもこの条件に合っていたらAそっちの条件に合っていたらBそうじゃなければCのように […]

Excelで複数の条件で値を抽出する5つの手順 Excel で作成された在庫データから3つの検索条件を満たした値を 抽出 します ExcelのDGET関数で品名サイズカラーを条件に指定し検索値のあるセルB4セルC4セルD4のすべてが空白でない場合に処理を行うようにIF文とAND関数で条件を指定します. Excel複数シートから条件に合うセルを抽出する 方法があれば教えてください 例 シートA 名前 単価 数量 ノート 100 50 定規 150 30 シートB […]

複数条件の判定topへ IFAND条件1条件2値1値2 条件1かつ条件2かつの場合値1を返しそうでない場合は値2を返す IFOR条件1条件2値1値2. If関数の中にif関数を入れ子構造にすることで複数条件判定をすることができます またifs関数やand関数or関数を使うことで複雑な条件設定をシンプルに表すことができます 判断したい条件によってそれぞれの関数を使い分けることをお勧めします. Excel 複雑なif関数の数式とサヨナラ エクセルでより簡単に複数条件の分岐を作れる新関数 Switch を使いこなす いまさら聞けないexcelの使い方講座 窓の杜 2020 数式 Excel 使い方 パソコン 仕事 […]