条件に合っていたらAそうじゃなければBのように1つの条件に合っているかどうかで結果表示を振り分けたいときに使うのが IF関数. If条件式値1値2 条件式が満たされている場合真の場合は値1を表示し満たされていない場合偽の場合は値2を表示する 補足 if 関数は最大 7 つまで組み合わせることができますそれを超える場合には他の関数を使って処理します. Excel 期限が迫ってきたらエクセルが教えてくれる 重要な仕事を絶対に忘れたくない人のためのtodoリスト活用テク いまさら聞けないexcelの使い方講座 窓の杜 ビジネス管理 Excel 使い方 パソコン 仕事 でもこの条件に合っていたらAそっちの条件に合っていたらBそうじゃなければCのように […]